種別図鑑と豆知識
キャット

日本猫の特徴

健康で丈夫

体型分類

セミフォーリン

体高/体重

体高:25cm~30cm/体重:3~5㎏

発生スタイル

自然発生

カラダの特徴

毛色/茶トラ、雉トラ、三毛、錆、八割れ等毛色のバリエーションが豊富
毛質/柔らかな短毛

日本に古くから住む猫

日本の風土、気候になじんでいる。無作為交配が行われていた為、遺伝的疾患はほぼ無い。

尾が曲がっていたり、短い子も多い

豆知識
尻尾が曲がった子が多い地域と少ない地域があり、長崎や関東地方に多く、京都や東北では少ないという調査結果がある。
野良猫でもジャパニーズボブテイルの血統書が取れる可能性がある。

アメリカン・ショートヘアの特徴

元気で活発

体型分類

セミコビー

体高/体重

体高:24cm~27cm/体重:3~5㎏

発生スタイル

自然発生

カラダの特徴

毛色/黒、白、銀、タビー(縞)、ソリッドカラー他 全部で80種類以上
目の色/ブルー、グリーン、ヘーゼル(黄緑)、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー、オッドアイ ※もっとも多いのはグリーンとヘーゼル

筋肉質でがっしり

運動要求量が高く筋肉が発達している。

人間とともにアメリカへ

メイフラワー号に乗って初期のアメリカ入植者とともにヨーロッパからアメリカに渡ってきた猫が起源。
豆知識
特長的な渦巻き模様はクラシックタビーと呼ばれヨーロッパ系の猫の特徴を引き継いでいる。日本ではシルバークラッシックタビーがメジャーだが、カラーや模様は豊富で80種以上存在する。

スコティッシュ・フォールドの特徴

穏やかで優しい

体型分類

セミコビー

体高/体重

体高:24cm~27cm/体重3~6㎏

発生スタイル

スコットランドで発見された、突然変異した猫の個体から発生した。

カラダの特徴

毛色/白、黒、レッド、クリーム、ブルー他
折れ耳を持って生まれてくるのは全体の約30%、折れ耳の子でもストレスなどから立ち耳になったり再び折れ耳になる場合もある

おとなしくて誰にでもフレンドリー

耳はだんだん折れていく

 生後13日目から23日目に耳が折れ始めるといわれている。
豆知識
遺伝疾患を避けるために、アメショや、ブリティッシュ・ショートヘア、エキゾチック・ショートヘア(短毛のペルシャ)と交配された。現在でもアメショやブリティッシュとの交配が認められている団体が多い。

シャムの特徴

青く美しい瞳

体型分類

オリエンタル

体高/体重

体高:25cm~27cm/2.5~3.5㎏

発生スタイル

自然発生

カラダの特徴

毛色/ブルーポイント、シールポイント、チョコポイント、ライラックポイント
白くてスリムな体にサファイヤブルーの瞳、顔、足、しっぽに模様がある

ポイントカラー

体の先端部分の色が濃くなる模様をポイントカラーといいシャムの大きな特徴となっている。

鳴き声

声は太めでよく鳴くといわれいる。
豆知識
体温が低い部分は色が濃くなる。太ったり、年を取ったりして代謝が落ち、体温が下がると色が濃くなる。寒いところで飼育すれば色が濃い部分が増え、暖かいところで飼育すれば白い部分が増える。

ロシアン・ブルーの特徴

緻密で輝く被毛

体型分類

フォーリン

体高/体重

体高:24cm~26cm/体重:3~5㎏

発生スタイル

ロシア北部のアルハンゲリスクという港町で自然発生した猫が、ロシアンブルーのルーツ

カラダの特徴

毛色/ブルー(グレー)のソリッドカラー
筋肉質だが、細身でしまった体

グリーンの瞳

美しいグリーンの瞳が特徴、シャムの瞳がサファイアなら、ロシアンはエメラルド。

ロシアンスマイル

常に口元が上がって見える様子を「ロシアンスマイル」と呼び鳴き声をめったにあげないため「サイレントキャット」とも呼ばれる
豆知識
一時絶滅の危機に瀕した際、品種の維持のためにシャムが交配に使用された為、現在でもポイントカラーの子猫が生まれることがある。

ペルシャの特徴

豊かで繊細な被毛

体型分類

コビー

体高/体重

体高:23cm~25cm/体重:3~5.5㎏

発生スタイル

ペルシャは、いわゆる純血種の猫の中では最も古い品種の1つとされており、はっきりとした起源はわかっていません。

カラダの特徴

毛色/ホワイト、ブルー、クリーム、レッド他公認されているだけでも100種類を超える
丸みのある体格、ぺちゃっとした鼻、ふさふさの被毛

猫らしい猫

典型的なツンデレ気質で自由。甘えん坊で我儘な性格の子が多いといわれている。

2種類のペルシャ

昔ながらの顔をしたトラディショナルフェイスと、より鼻が低くなるように改良されたエクストリームフェイスが存在する。
極端に鼻が低く、オレンジ色の個体は犬のペキニーズにあやかりペキフェイスと呼ばれる。
豆知識
チンチラやヒマラヤンはペルシャのカラーバリエーションとしている団体が多い。イギリスのヴィクトリア女王も飼育していた典型的な愛玩猫。

メイン・クーンの特徴

立派な体格

体型分類

ロング&サブスタンシャル

体高/体重

体高:27cm~30cm/体重:4~8㎏

発生スタイル

自然発生

カラダの特徴

毛色/ブルーシルバーパッチドタビー、茶色、ブラウンタビー&ホワイト、ホワイト他
純血種最大の大型猫、耳の先の飾り毛、不揃いな被毛

猫の中で最大級に大柄な体格

頭尾長が120㎝体重10kgに達する子も。最も体長が長い猫でギネス記録になった子もいる。

アライグマ

メイン・クーンの「クーン」はアライグマという意味。立派な尻尾がアライグマに似ているほか、アライグマと猫の混血であるという言い伝えもあった。
豆知識
ノルウェージャン・フォレストキャットと近縁で非常に似ているが、耳の先に毛束があるのがメイン・クーンの特徴。また、眉間から鼻先までがノルウェージャンは直線的だが、メイン・クーンはカーブを描いている。

ラシーネを知る

Other Brands

ビューティープロバナー
コンボ
ご当地めぐり
ビタワンスペシャルコンテンツ
ミオスペシャルサイト