種別図鑑と豆知識
ドッグ

トイ・プードルの特徴

つややかな巻毛

サイズ

超小型犬

体高/体重

23cm~28cm/3kg前後

原産国

フランス

カラダの特徴

毛色/単色(ブラック・ホワイト・ブルー・グレー・ブラウン・アプリコット・カフェオレ・クリーム・シルバー・レッド・シルバーベージュなど)
毛質/比較的固い巻毛が密生

17 ~ 18 世紀に小型化

もともと荷車を引いたり、カモ猟やトリュフ採取に活躍していた使役犬のプードルがイギリスやフランスで愛玩用に小型化された。

ひざ・関節

使役犬であったため活発で遊び好きなので、滑りやすい床(フローリングなど)ではひざの関節に負担がかかりがちになる。

おなかの健康

当社が行った調査では食が細く、おなかの弱い子が多い傾向あった。

とても賢い

小型化されても使役犬であった頃の性質は失われておらず非常に賢く、人懐っこい。ある研究によれば犬全体の中でボーダーコリーに次いで 2 番目に知能が高いという結果が出ている。(プードル全体)警察犬や災害救助犬、各種探知犬、介助犬などで活躍するトイ・プードルも多い。
豆知識
毛が抜けにくいため、犬アレルギーの人でも飼育しやすい。(すべての人でアレルギーが出ないわけではない)
この性質を求めて様々な犬種との交配が行われミックス犬の中で一大グループとなっている。

チワワの特徴

輝く瞳

サイズ

超小型犬

体高/体重

12cm~20cm/1.5kg~3kg

原産国

メキシコ

カラダの特徴

毛色/レッド・ホワイト・クリーム・ブラック&タン・フォーン&ホワイトなど
被毛/スムースタイプとロングタイプの2種
アップルヘッド(ドームヘッド)と呼ばれる頭に小さく引き締まった体と黒くて大きな瞳で世界一小さい犬種

陽気で勇敢なメキシカン

メキシコのチワワ村で発見された小さな犬が祖先。陽気で家族のことが大好き。家族を守る為なら大型犬にも物怖じしない。

関節に注意

小型の為、関節が弱く、パテラ(膝蓋骨脱臼)を発症する子が多い。

食の好みにうるさい子が多い

暖かい地域に適した体のつくり

体の熱が逃げやすいので、気温が低い時期には洋服を着せるなど防寒対策が必要である。
豆知識
温暖な地域で発生した犬種の為もともとは短毛(スムースコート)だが、パピヨンやポメラニアンとの交配が行われ長毛(ロングコート)のチワワが誕生した。

ミニチュア・ダックスフンドの特徴

活動的でスタミナ満点

サイズ

小型犬

体高/体重

30cm~35cm/5kg以下

原産国

ドイツ

カラダの特徴

毛色/スムース・ロング:チョコレート・ブラック・イエローなど、ワイアー:それにワイルドボアー(野猪)・デッドリーフ(枯葉)・ソルトアンドペッパー(ごま塩)
毛質/スムース/ロング/ワイヤーの3種
体長は体高の2倍の長さという短足胴長の体型で、垂れ耳で中くらいの長さのマズルを持つ小型犬 

地中のハンター

ドイツでアナグマやウサギ用の猟犬として活躍していた。獲物の巣穴に潜り込むために特徴的な胴長短足の体型となった。その他のミニチュア犬種と異なり、愛玩目的ではなく使役目的で小型化された。

肥満は大敵

猟犬の為、食事量、運動要求量共に多く、運動不足による肥満になりやすい。肥満になると独特の体型の為腰に大きな負担がかかり椎間板ヘルニアの危険性が高まる。

3タイプのダックスフンド

元々はスムースヘアードのみであったが、シュナウザーとの交配でワイヤーヘアードが、スパニエルとの交配でロングヘアードが誕生した。
豆知識
スタンダート・ダックスやカニ―ヘン・ダックスとは同じ犬種のバラエティとなっている為、事前に申請の上、展覧会の会場で審査を受ければ血統書の変更が可能になることがある。

柴の特徴

賢く忠実

サイズ

小型犬

体高/体重

35cm~41cm/7kg~10kg

原産国

日本

カラダの特徴

毛色/赤・黒褐色・胡麻・黒胡麻・赤胡麻・白
体高より体長がやや長く、小さな立ち耳で巻き尾、短毛でダブルコート。

身近な天然記念物

昭和11年に日本の天然記念物に指定された。日本で飼育されている日本犬の80%を占める身近な犬種。

皮膚の赤みやかゆみに注意

遺伝的にアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を持っている子が多い。

肥満に注意

山地で活躍した猟犬の為、運動要求量は高い。運動不足による肥満なりやすい。

狼に最も近い犬(諸説あり)

2012年に発表されたデータでは現生の狼に最も近い遺伝子を持つ犬種は柴犬であるという結果がでた。川上犬等はオオカミと交配させたという伝承が残っている。

豆知識
日本犬の中で唯一地域名が名前になっていない。全国に様々な系統の柴が存在し、信州柴、山陰柴、美濃柴、川上犬等と呼ばれている。他にも縄文時代の犬の特性に近い系統も存在している。

ポメラニアンの特徴

柔らかなダブルコート

サイズ

超小型犬

体高/体重

18cm~22cm/1.8kg~2.3kg

原産国

中欧のポメラニアン地方(ドイツ・ポーランドにまたがる)

カラダの特徴

毛色/オレンジ・ブラック・クリーム・ホワイトなど
小さな頭に丸い大きな目 尻尾は背中に向けて巻いており独特の豪華な毛吹きが特徴。

ビクトリア女王の愛犬

ドイツとポーランドにまたがるポメラニア地方が原産だが、イギリスで品種改良が進んだ。当初は中型犬で黒や白の毛色だけだったが、ビクトリア女王の犬舎には赤毛の個体が存在し、より小さくなるように改良したといわれている。

骨格・関節に注意

活発でよく動きまわるが、小型犬の為、骨折や膝蓋骨脱臼に注意が必要である。

小さなスピッツ

ポメラニアンは最も小型のジャーマン・スピッツであり、昔はジャーマン・ツヴェルク・スピッツと呼ばれていた。もっとも大型のジャーマン・ウルフ・スピッツは体重30kgとポメラニアンの10倍もある大型犬である。
豆知識
日本ではオレンジやクリームの毛色が一般的だが、ブラックやブラウン、ブリンドル、ウルフセーブル等、様々なパターンがあり、あらゆる犬種の中でもっとも多様な毛色を持つ犬種とも言われている。

フレンチ・ブルドッグの特徴

たくましいがっちり体型

サイズ

中型犬

体高/体重

30cm前後/8kg~14kg

原産国

フランス

カラダの特徴

毛色/フォーン:単色、ブリンドル:縞目、バイド:白地にぶちがある色
大きな頭と耳を持っていて、しっぽは短く、四肢と胴体は筋肉質 短毛で全身が覆われている。独特の大きな立ち耳は「バット・イヤー(こうもり耳)」と呼ばれる。

丈夫な骨格

筋肉だけでなく、骨格もしっかりしていることが、フレンチ・ブルドッグのスタンダードの条件となっている。

関節に注意

ガニ股なので股関節に負担がかかりがちになる。

皮膚の健康

もともと皮膚がデリケートなことに加えてしわのある部分は汚れがたまりやすいので注意が必要。

ボストン・テリアとの違い

フレンチ・ブルドッグの方がやや大型で、肩幅が広く四肢も太くたくましい。また、耳の先端フレンチ・ブルドッグは丸いが、ボストン・テリアはとがっている
豆知識
現在、人気のフレンチ・ブルドッグだが、日本に輸入されたのは古く大正時代で、昭和の初期にも非常に人気があった。

ミニチュア・シュナウザーの特徴

固く、コシのある被毛

サイズ

小型犬

体高/体重

30cm~35cm/4kg~8kg

原産国

ドイツ

カラダの特徴

毛色/ソルト&ペッパー・ブラック&シルバー・ホワイト
毛質/硬くてざらついたダブルコート。トップコートはワイヤー状で、アンダーコートは短く柔らかい
老いた仙人のまゆ毛やひげのような顔面部の毛と、正方形でがっしりした体格が特徴。

ご先祖様の仕事はネズミ捕り

ドイツでネズミ捕り等を仕事としていたスタンダード・シュナウザーに小型のピンシャー等が交配され誕生した。

ストリッピング

ミニチュア・シュナウザーらしい丈夫な被毛を生やすために、トリミング時に毛を専用の器具を用いて抜くことがある。抜いた直後は肌が敏感になるので、普段から皮膚の健康に気を付け、丁寧にケアをする必要がある。

脂肪の取りすぎに注意

高脂血症になりやすいといわれている為注意が必要である。

4種の毛色

大きさによって3タイプあるシュナウザーのうち、ミニチュア・シュナウザーだけは4種類の毛色が登録団体により公認されている。
(スタンダード、ジャイアントはともにブラック、ソルト&ペッパーの2種類)
ドッグショー等では非公認ではあるが、このほかにブラック&タンやレバーなどの毛色も存在する。
豆知識
ドイツで誕生した後、アメリカで小型のプードルなどと交配し改良が進められた結果、現在の形態となった。アメリカでは非常に人気があり、ブルース・リーの愛犬もミニチュア・シュナウザーであった。ドイツ語ではひげを「シュナウツ」と言い、ドイツではミニチュアシュナウザーを「ツベルグ・シュナウツァー(小さなひげ)」と呼んでいるそう。

レトリーバーの特徴

優しく賢い

サイズ

大型犬

体高/体重

ラブラドールレトリーバー:54cm~57kg/25kg~34kg
ゴールデンレトリーバー:51cm~61cm/25kg~32kg

原産国

ラブラドールレトリーバー:カナダ(ラブラドール半島)
ゴールデンレトリーバー:イギリス

カラダの特徴

ラブラドールレトリーバー:毛色/ブラック・イエロー・レバー・チョコレート、体長は体高より少し長く、短毛に覆われていて、頭部は横幅が広く垂れ耳、体は骨太で筋肉質。
ゴールデンレトリーバー:毛色/ゴールド・クリーム、飾り毛は他の部分より明るい色で長く、ボディ前部、胸腹部、四肢後部及び尾下部を覆うダブルコート。

泳ぎも得意

撃ち落とした水鳥等の獲物を回収するのが仕事であった為、被毛も撥水効果に優れており、水遊びも大好き。

関節に注意

体重が重い為、負担がかかりやすい。

ドカ食い注意

食べることが大好きなので、たくさん食べすぎておなかに負担がかかることも。

ゴールデン、ラブラドールだけじゃない

日本では、ゴールデンとラブラドールが多く飼育されているが、他にもJKCに登録されているレトリーバーが存在する。現在登録されているのは、フラットコーテッド・レトリーバー、カーリーコーテッド・レトリーバー、チェピークベイ・レトリーバー、ノバ・スコシア・ダック・トーリング・レトリーバー
の4犬種で、どの犬種も優しく賢いので家庭犬にピッタリである。
豆知識
ラブラドール、ゴールデンともに「アメリカンタイプ」と「イングリッシュタイプ」が存在する。それぞれは外見が異なるので容易に区別できるが、日本では両者の混血タイプも多い。

ラシーネを知る

Other Brands

ビューティープロバナー
コンボ
ご当地めぐり
ビタワンスペシャルコンテンツ
ミオスペシャルサイト